変形労働時間制とは?

一般的な労働時間は、一日の労働時間8時間とか、週5日勤務のように、一日単位や一週間単位で固定的に定められています。
しかし、業種によっては、曜日によりあるいは月間の一時期により業務量に多寡が生じることがあります。

一方、法定労働時間は原則として、週40時間と定められています。
そこで、変形労働時間制の採用を所管の労働基準監督署に届け出し、その承認を得ることにより、週40時間ではなく、1か月単位あるいは1年単位で、週40時間と同じ割合での労働時間とすることができます。

変形労働時間制を採る事業所では、1か月単位であれば、1か月間の法定労働時間と就業規則上の所定労働時間を鑑みながら、日毎の予定勤務表を作成することになります。

事業所にとってメリットは、
業務量に応じて、柔軟に勤務計画が設定できる。
時間外手当の抑制が期待できる。

一方課題は、
所定労働時間の管理が煩雑。
勤務データの作成が大変。
時間外手当の計算が難しい。
所定労働時間と法定労働時間を混同しやすい。
等ではないでしょうか。

より、詳細な情報はこちら