<変形労働時間制を採用している事業所様へ>

煩雑な給与計算に困っていませんか‼

変形労働時間制による給与計算では、
1 細切れの勤務状況を集計するのが大変
2 時間外手当の計算では、所定労働時間と実労働時間を比べて、日毎、週毎、月毎にこの計算をしなければなりません。この計算は大変手数がかかるうえ、計算ミスも発生し易い
3 給与計算に、人手が取られて困る
4 できれば、労働時間の集計をとり、事業ごとの人件費を正確に計算し、経営資料としても活用したい
5 深夜手当や夜勤回数の集計が自動的にできたらよい

などの課題を抱えていませんか?

加えて、非常勤職員では、サービスごとに、時給か異なっていたら計算はなおさら大変です。

給与中核計算ソフト「はやて」により、データ読み込み、給与計算に要する時間は、パソコンのスペックにもよりますが、従業員一人当たり数秒です。(データ読み込み、給与計算のみに要する時間です。データ入力、点検に要する時間は除きます)「はやて」を利用することにより、上記の課題はすべて解決できます。そのうえ、データ入力支援メニューも付加されています。計算関係資料も、作成されます。オプションにより、事業所独自の機能を付加することもできます。

例えば、常勤職員50名、非常勤職員50名の給与計算において、事務担当者2名で5日間要しているとすると、日給8,000円として@8,000円×2名×5日=80,000円のコストが毎月かかっていることになります。

これが2日でできたら、@8,000×2名×2日=32,000円

80,000円―32,000円=48,000円/月のコストカットとなります。

いかがですか? 少しでも興味をもたれた事業所様は、次の「はやて」に関する情報はこちらをクリックして下さい。是非とも、お使いいただき、感想をお聞かせ下さい。

「はやて」に関する情報はこちら

このソフト「はやて」は、給与中核計算ソフトといい、給与支給総額を計算するものです。税金や社会保険料の計算は、今お使いのソフトをご利用下さい。「はやて」を使用するには、Windows7以上のOSとExcelが必要です。「はやて」は従業員およそ100名までの事業所様を想定しています。「はやて」は、ExcelのVBA(マクロ)機能を利用しています。マクロを有効にして使用して下さい。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

↑頁の一番上へ